ブレイズ ヘア。 BLAZE(ブレイズ)楽天市場店〜プチプラで今旬アイテムを☆可愛いトレンドアイテム続々登場〜

トリックストア(TRICK STORE)|ホットペッパービューティー

ブレイズ ヘア

foxy-chu. 同じ特殊ヘアの仲間として、ブレイズやドレッドヘアなどがある。 ドレッドヘアやブレイズとの違い コーンロウでよく言われるのがドレッドヘアやブレイズの違い。 ドレッドヘアはアフロのようにチリチリにした髪を一本一本束にした髪型に対し、 ブレイズは小さな三つ編みを多く作って、細い毛の束で作り上げた髪型。 コーンロウとの違いは頭皮に沿って編み込んでいるか、 また編み込み方・作り方にあります。 コーンロウのメリット・デメリット コーンロウはめちゃくちゃインパクトもあってカッコ良いのですが、 メリット・デメリットが非常に多い髪型でもあります。 コーンロウのメリット 何と言ってもヘアセットをしなくて済む。 そしてセットしなくてもかっこいい! これに尽きます。 バンダナを巻いたりキャップをかぶっても似合いますし、 サイドコーンロウならツーブロックのように編み込んでない髪の毛を遊ばせれます。 編み込んでも簡単に編み直しややり直しが効くところも大きなメリットになります。 コーンロウのデメリット コーンロウのデメリットは、髪の毛をガシガシ洗いにくい所と、 やや乾かしにくいところです。 あとは、簡単に外せる分、持ちもそこまで良くはないので、 長期的にやりたい場合は都度リペアが必要になります。 コーンロウの種類 実はコーンロウにもいくつか種類があって、 コーンロウの中でもいくつか呼び名や編み方が異なったりします。 主にサイドコーンロウなどでワンポイントでやる場合が多い。 ちなみにコーンロウのカラーはエクステがほとんど 地毛を染めている場合は地毛でカラーをそのままにしてコーンロウをする人が多いですが、 カラーが入っている場合は、大体がエクステを使用したコーンロウになります。 コーンロウの手入れ方法・メンテナンス コーンロウを長くもたせたい場合は、 就寝時などにニット帽をかぶったりなどして、極力編み込みが取れないように努力しましょう。 あとは、解けてきた場合は、根元を引っ張りながら、再度編み込み直したりを細かくやることによって、 持ちが良くなったりします。 ちなみに外すとこんな感じに コーンロウの洗髪・シャンプーは、基本的に普段のやり方で特に変わりません。 問題としては、髪の毛自体はあまり洗えないので、 頭皮を指でなぞるようにして洗うところがポイント。 洗い残しがあると、頭の臭いの元になるので要注意。 コーンロウの値段 コーンロウって高いの?という質問やお悩みをよく聞きますが、 エクステを使用したりコーンロウの種類、またコーンロウ〜ブレイズにするのか?などによってピンキリになります。 全頭コーンロウ(頭全部コーンロウ)だと1〜2万円は考えておいたほうがいいでしょう。 サイドかハーフかなど、またアレンジなどによって金額が変動するので、 美容室に聞くことが一番手っ取り早いです。 あとクーポンで安くできるところも魅力的です。

次の

種類別!ブレイズヘアの髪型集|feely(フィーリー)

ブレイズ ヘア

ブレイズとは、髪を小分けにして、それぞれの毛束を細かく 四つ編みにしたヘアアレンジのことです。 ブレイクダンスなどの頭文字「B」を由来とする「B系」ヘアのひとつで、ヒップホップ系のファッションを好む若者やダンサーたちなどに取り入れられています。 ブレイズとひとことで言っても、 エクステ 付け髪 で髪の長さを伸ばしたり、カラーエクステを使ってカラフルに仕上げたり、アレンジの幅は無限に広がります。 ・毛先 毛先を最後まで編み込んでしまいシャープな感じにするのか、毛先はあえて編み込まずバラバラにしてボリューム感を出すのか。 ・エクステ 長さ 短めのエクステを使いボブぐらいの長さでボリューム感を出すのか、ロングのエクステを使い長めの編み込みで落ち着きを出すのか。 ・エクステ カラー 地毛と同じ色で編み込んでナチュラルな雰囲気にするのか、カラーエクステを使ってトーンダウンさせたり、クールな感じに仕上げるのか。 ブレイズでは、髪を小分けにして、それぞれの毛束を四つ編みしていきます。 そのため、自毛で編んでいくためにはかなりのボリュームと長さが必要となります。 ほとんどのブレイズではエクステを加えて、毛束と一緒に細かく編み込んでいきます。 自毛で編み込んでいく場合のメリットは、同じ毛質、色なのでまとめやすいということです。 エクステを使用する場合には自毛と合わせるためにノリを使いますが、それがやがて汚れになるのでそれがない分、汚れが少なくなるでしょう。 反対にデメリットとしては髪が少ない方の場合には、ボリューム感がないため薄く感じてしまうでしょう。 エクステを併用する場合、髪の薄さをカバーしボリューミーに仕上げることができますし、カラーエクステを使用しますと、華やかさが出てきます。 ただデメリットとして、ノリで髪と合わせているので時間とともにエクステが少なくなってくることです。 それと貼り合わせたノリが汚れになっていきます。 料金としては、所要時間によって違ってきますが、自毛の場合で 25,000円前後、エクステ使用の場合 エクステの毛質にもよる が 35,000円以上となるでしょう。 編み込みをするには、かなりの労力と時間が必要であると書きましたが、そのために飛び込みで美容院に行ってもすぐにはできません。 また長さやカラーなどの詳細を決めるにも時間がかかりますので、一度、美容院に行って何色のエクステがあるのか、料金はいくらぐらいするのか、などカウンセリングをしましょう。 ヘアデザインのサンプルなどもあると思いますので、おおよその見当がついてくると思います。 美容師さんとのカウンセリングの中で、明らかになってくることですが、ボリュームを出すためにエクステを使用すると当然エクステの代金も含まれてきます。 エクステの長さにもよりますが、編み込みの料金と併せると安くてだいたい35,000円前後からになります。 それだけ大変な髪型ともいえます。 細かく編み込みをしたりカラーを入れていくとそれ以上になるでしょう。 ブレイズでも、もちろんシャンプーはできます。 ただしヘアスタイルを長持ちさせるために、毎日でなく 3日~1週間に1回程度に控えるのがベターです。 事前にしっかりと泡立てたシャンプーを頭皮に乗せて、地肌をなでるようにして洗っていきます。 毛束にも泡立てたシャンプーをつけて、揉み込むようにして洗いましょう。 シャンプーが髪に残らないように、しっかりとすすいでいきます。 四つ編みがとけやすくなるので、リンスやトリートメントは控えるのがベストです。 それとブレイズでは、しっかりと髪の毛を乾かすことも大切です。 湿気が残ると、においや雑菌が繁殖する原因になってしまいます。 ドライヤーの使用はOKですが、低温で髪に近づけすぎないよう注意して乾かしましょう。

次の

どう違うの!?ドレッドヘア/コーンロウ/ブレイズ

ブレイズ ヘア

Contents• ドレッドヘア ・髪の毛どうしが不規則に絡み合いつつ収縮し、ロープのような束状になったヘアスタイルのことです。 髪が絡まった状態なので、編み目がハッキリと見えることはありません。 インドでは ジャタ Jata 呼ばれることもあります。 ・自分で洗うことができます。 洗えないと思っている人は多いようですが、誤解です。 ・伸ばし続けることができます。 ドレッドは伸ばせないと思っている人もいますが、これも誤解です。 伸ばし方にはいろんな方法があり、人それぞれに違います。 他の方法でドレッドを作っている場合は、手芸で使うを使い、根元から伸びた毛をドレッドの中へと引っ張りこんでいくのが一般的です。 髪と頭皮を清潔にしつつ、一切のブラッシング(手グシも含む)をストップすることにより、自然にドレッドを形成させる方法です。 どんな髪質でも可能。 やり方の詳細は「」をご覧ください。 ・20年以上もの長期にわたって伸ばしている人もいます。 規則的に編んでいるため、ドレッドと違って、編み目はハッキリと見えます。 ・編みこむ際に、真っ直ぐにしたりカーブしたりすることにより、様々な模様をデザインして楽しめます。 ・作る際には、基本的にキツめに編んでいくため、人によっては痛いと感じます。 ・仕上がった状態がトウモロコシを思い起こさせることから、コーンロウという名がつきました。 ・自分で洗うことができます。 ・そのまま伸ばし続けることはできません。 伸ばす場合には、一旦ほどいてしまってから、再び編みなおします。 ブレイズ ・髪を三つ編みや四つ編みなどで編み、ロープ状にしたヘアスタイルです。 コーンロウと違い、頭皮に沿わせてはいません。 また、規則的に編んでいるため、ドレッドと異なり、編み目はハッキリと見えます。 ・コーンロウと組み合わせられることもあります。 例えば、頭全体はコーンロウにして、襟足からはブレイズにする…といった感じです。 ・自分で洗うことができます。 ・地毛が伸びてきた場合は、基本的には一旦すべてほどいてから編みなおすことになりますが、根元部分だけを編みなおせる場合もあります。 どれかをやってみたいという人は、あらかじめよくリサーチしてから、それぞれの特徴や扱い方をよくふまえ、望むスタイルにピッタリなものを選びましょう。

次の