プライム ビデオ 家族。 Amazonプライムビデオを家族会員で共有する方法【端末数・何人まで?】

【Amazonプライム家族会員】7つの特典とプライムビデオを見る裏技!

プライム ビデオ 家族

Amazonプライムの家族会員として登録されたユーザーは、自分のAmazonアカウントと端末で「Amazonプライム・ビデオ」の見放題サービスを楽しめないーー。 プライム会員と家族会員が高確率でハマることになる落とし穴です。 プライム会員が1名だけ登録できる「Amazonプライム家族会員」は、お急ぎ便が無料になったり、お届け日時指定便が無料になったりと、いくつかの特典を享受できます。 しかし、 家族会員の特典には肝心のAmazonプライム・ビデオが含まれていないのです。 では、Amazonプライム・ビデオの見放題サービスをプライム会員以外の家族が利用するには、どうすればいいのか? 答えはシンプル。 家族の端末で「プライム会員のアカウントを使う」ほかありません。 本記事では、Amazonプライム・ビデオでアカウントを共有する方法と、その際の注意点を解説します。 Amazon公式見解:プライムビデオを家族と共有しても問題ない アカウント共有と抵触しそうな利用規約の解釈についてAmazonに尋ねました。 それに対しAmazonは、以下の見解を示しました。 Amazon. 安心してください」との回答が得られました。 () アカウントを共有するときの注意点 Amazonプライム・ビデオのアカウントをシェアする際に注意すべき点を解説します。 ウォッチリストや視聴履歴など全ての情報が共有される プライム・ビデオのウォッチリスト Amazonプライム・ビデオのアカウント共有では、 個別のプロフィールを作成してウォッチリストや視聴履歴を分けて管理できません。 アカウントをシェアしている誰かがウォッチリストに作品を追加したら、自身のウォッチリストにも即座に反映されます。 それと同様に、誰かが視聴した作品の履歴もアカウントをシェアしているユーザー全員に同期されます。 その一方で、アカウントをシェアしているユーザーのうち誰がどの作品を見たのかは分からないようになっています。 プロフィールごとに管理する方式だと、視聴履歴を覗かれてしまうと誰がどの作品を見たのかが分かってしまうため、ある意味匿名性が保たれているとも言えます。 「Prime Videoプロフィール」機能を使えば視聴履歴も個別表示に 「Prime Videoプロフィール」を設定すると、一つのアカウント内で最大6つのプロフィール(子ども用含む)を管理することができます。 各自の視聴履歴に基づいたおすすめの他、シーズンの進捗状況、ウォッチリストなどがそれぞれ個別に表示されます。 新しいプロフィールを追加するには、Prime Videoのホームページ内プロフィールアイコンから[新規追加]を選択。 子ども用プロフィールを設定すると、12歳以下の視聴に適したコンテンツのみが表示されます。 同時視聴端末数は3台まで Amazonプライム・ビデオの同時視聴端末数は3台までに制限されています。 この同時視聴端末数は、ストリーミング再生時の同時視聴を指すため、作品を端末にダウンロードして視聴している場合は、同時視聴端末数にはカウントされません。 また、 同一の作品をストリーミング再生で視聴する場合、同時視聴端末数が2台に制限されます。 数ある作品の中から、3人以上が同時に同じ作品を視聴する確率はあまり高くはありませんが、新作や話題の作品が配信されたときなどに起こりうるかもしれません。 万が一、同じ作品を視聴していて制限に引っかかってしまった場合は、その作品をダウンロードしてから見るなどの対応をしてください。 ダウンロード数の上限は1アカウントにつき15本か25本 Amazonプライム・ビデオでは、 作品のダウンロード数の上限が15本か25本に設定されています。 ただ、上限が15本と25本で異なる理由や、どういった条件で上限が変わるのかといった説明はなされていません。 ダウンロード数の上限に達したときの警告メッセージ 加えて、ダウンロード数の残りの枠をユーザーが知ることはできません。 上限に達したときのみ、警告メッセージが表示されるようになっています。 端末ごとではなくアカウント全体での上限設定なので、シェアしている相手が多いほどダウンロード数の上限に達しやすくなってしまいます。 見終わった作品や不要な作品はその都度削除し、貴重なダウンロード枠を圧迫しないようにしましょう。 有料作品の購入金額は契約者本人に請求される Amazonプライム・ビデオには、プライム会員であれば追加料金を支払わずに視聴できる「プライム対象」のコンテンツと、料金を支払ってレンタルか購入をするコンテンツの2種類があります。 ワンタップで支払手続きが完了する Android版のAmazonプライム・ビデオアプリからは、有料のコンテンツをワンタップでレンタルもしくは購入が可能です。 クレジットカード情報の入力や確認画面などは表示されず、本当にワンタップで手続きが完了するのでシェアしている相手でも容易に有料コンテンツの支払いができてしまうのです。 アカウントを共有した相手が誰であろうと、何か問題が起きた場合は、その責任をプライム会員が負うことになります。 つまり、自らアカウントを共有した相手が有料コンテンツを好き勝手に購入する"事件"が起きたとしても、支払いを免れることはできません。 お客様は、ご自身のアカウントとパスワードの機密性を維持し、アカウントへのアクセスを制限する責任があり、ご自身のアカウントまたはパスワードで行われた活動に関する責任があります。 そのようなケースを未然に防ぐために、シェアする相手の端末では4桁のPINコード(パスコード)を設定しておきましょう。 このPINコードを知らせなければ、勝手に有料コンテンツを購入される心配はありません。 PINコードを入力しないと購入できない なお、この購入時のPINコード入力を有効にするには、ブラウザ上でAmazonプライムのアカウント設定を変更する必要があります。 他の人のデバイスで有料コンテンツの誤った購入を防ぐためのPINコードの設定方法を解説します。 まず、Amazonプライム・ビデオアプリの「マイアイテム」タブから設定ボタン[ ]をタップします。 設定の各項目から[機能制限]を選択してください。 [Prime Video PINを変更]をタップし、4桁の数字をPINコードとして設定します。 [保存]で4桁のPINコードが設定されますが、 この段階ではまだPINコードは機能せず、有料作品をワンタップで購入できてしまいます。 PINコードを正常に機能させるには、ブラウザからAmazonプライムの設定を変更する必要があります。 ブラウザでにアクセスし、「メニュー」から[設定]をタップします。 設定メニューの「機能制限」タブ内にある「購入時のPIN入力」をオンにすれば、PINコード有効化の手順は完了です。 これで先ほど設定した4桁のPINコードを入力しないと有料コンテンツを購入できなくなります。

次の

【2020最新】Amazonプライムビデオのおすすめ決定版|映画・ドラマ・アニメ

プライム ビデオ 家族

Amazonプライムビデオは何台まで同時視聴ができるのか? 家族で動画配信サービスを利用する場合、同時に動画を見れるのか気になりますよね。 Amazonプライムビデオは何台まで同時視聴ができるのでしょうか? 同時視聴とは? 同時視聴とは、1つのアカウントで同じタイミングで複数端末から動画が見れる状態のことを言います。 同時視聴可能であれば、パパがテレビで、ママがPCで、兄がスマホで、妹がタブレットで同時に動画が見ることができます。 Amazonプライムは何台まで同時視聴ができるのか? 結論から言うと、 Amazonプライムビデオでは、ストリーミング オンライン での同時視聴は3台まで可能です。 Amazonプライムビデオの利用規約にはこのように書かれています。 購入したビデオ 中略 お客様は、 同じAmazonアカウントを使用して一度に3本までのビデオを同時にストリーミング再生することができます。 「購入したビデオ」の項目に書かれていますが、実際に試したところ、購入だけでなく 見放題の場合も同時視聴は3台まででした。 4台で同時視聴したら、エラーとなりました。 システム的に制御されているようですね。 家族で利用するのであれば、同時視聴3台で十分だと思います。 同時にパパもママも子供も別々に動画をみることは、そんなにないと思います。 ちなみに、利用規約には次のことも書かれています。 お客様は、同じビデオを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 同じ動画を一度に2台を超える端末では見れないようです。 つまり、同じ動画でも2台までなら見れます。 さすがに、3人が別々の端末で、同じドラマや映画を見ることなんてありませんよね。 あったら奇跡としかいいようがないです。 ここまでの話を整理したいと思います。 Amazonプライムビデオでは…• 別々の動画であれば、3台まで同時視聴可能!• 同じ動画の場合でも、2台までなら同時視聴可能! このサービスの仕様であれば、家族で楽しめそうですね! 同じアカウントを複数端末に登録できる? 例えば、Fire TV StickでAmazonのアカウントを登録すれば、その後はログインすることなしでAmazonプライムビデオを楽しむことができます。 できれば、色々な端末にアカウントを登録しておきたいですね。 Amazonプライムビデオの場合は、同じアカウントで複数端末に登録できます。 しかも特に数に制限がありません。 これは便利ですよね! 私も、Fire TV Stickの他に、PC、スマホ、タブレットにAmazonプライム会員のアカウントを登録しています。 通勤中はスマホ、旅先ではタブレット、家ではテレビで見れて便利です! 4人以上同時視聴はできないの? 先程、ストリーミング オンライン での同時視聴は3台までと説明しました。 3台同時視聴ができれば十分だと考えますが、大家族とかであれば4台以上同時視聴したいケースもあるかもしれません。 実は、4台以上同時視聴できる方法もあります。 4台以上同時視聴できる方法とは、動画をダウンロードしてオフラインで見ることです。 ダウンロードしてしまえば、同時視聴数にカウントされないので、制限なく見ることができますね。 ただ、注意点があります。 ダウンロード数は最大25本まで。 ダウンロードできない作品もある。 ダウンロードをたくさんすると通信容量が大きくなるため、自宅のwifiでやることをオススメします。 このような注意点がありますが、一回ダウンロードすれば、オフラインで動画を見ることができるので、ストレス無くさくさくと動画を見ることができますね。 ダウンロード数の上限もありますが、見終わったらすぐに削除すれば問題なさそうですね。 うまく、オンライン・オフライン組み合わせて上手に利用したいですね。 同時視聴できる他の動画配信サービスは? 今回、を解説しましたが、他に同時視聴できるサービスはないのでしょうか? 国内のメジャーなdTVやHuluは、意外にもストリーミング オンライン での同時視聴はできないようです。 同時視聴できる動画配信サービスは数少ないですが、その中でオススメは です。 契約している親アカウントの他に、無料で3つ子アカウントを作ることができます。 つまり4台まで同時視聴ができることになります。 こちらも要チェックですね! \31日間無料!4アカウント同時視聴可能!/ Amazonプライムビデオはアカウント共有可能? 先程、Amazonプライムビデオは同時視聴ができることを説明しました。 同時視聴可能ということは、アカウントを共有しても良いかとかと思いますが、念の為確認したいと思います。 Amazonプライムビデオのアカウントは家族共有可能? Amazonプライムビデオは、プライム会員のサービスの一部ですが、Amazonのアカウントを使い利用することができます。 まずは、Amazonのアカウントを家族共有可能かどうか調べてみました。 Amazon. jpの利用規約を一通り見ましたが、アカウントを共有してはダメということは書かれてはいないので、 アカウント共有は問題はありません。 ただし、利用規約に次のことが書かれています。 アカウント 中略 お客様は、ご自身のアカウントとパスワードの機密性を維持し、アカウントへのアクセスを制限する責任があり、ご自身のアカウントまたはパスワードで行われた活動に関する責任があります。 当たり前ですが、 アカウントを家族に共有した場合、家族がそのアカウントで行動した責任は、Amazon会員自身が負うことになります。 子供にアカウントを共有する時は、以下のようなことを注意しましょう。 Amazonのアカウントは、Amazonサービス全体で使えてしまう。 友達が 故意でなくても 不正な使い方をしたために、アカウントが停止してしまう恐れがある。 友達が 故意でなくても うっかりIDとパスワードを流出してしまう。 HuluとかU-NEXTといった動画配信サービスと違い、AmazonプライムビデオはAmazonのアカウントを利用することとなります。 AmazonのアカウントではAmazonの商品購入までできてしまうので、友達にアカウントを共有することはリスクが高すぎます。 例えどんなに信用できる友達でも、Amazonのアカウントを共有しないようにしてくださいね。 Amazonプライムビデオは家族会員だと見れない? Amazonプライムでは、家族会員というものがあります。 家族会員とは、会員の他に同居する家族2名にもアカウントが登録でき、プライム会員の特典の一部が利用できる会員のことです。 もし、家族会員もプライムビデオが利用できれば、契約者のアカウントを共有する必要がなくて便利ですよね。 ただ、残念ながら家族会員ではプライムビデオを利用することができません。 参考までに、家族会員で利用できる特典は次の通りです。 ・お急ぎ便が無料 ・お届け日時指定便が無料 ・特別取扱商品の取扱手数料が無料 ・プライム会員限定先行タイムセール ・Prime Now ・Amazonパントリー ・Amazonフレッシュ(Amazonフレッシュ会員(配送料無料プラン)はプライム会員ご本人が登録することで自動的に利用できるようになります) 将来的に、家族会員でもプライムビデオが見れるようになって欲しいですね。 今は残念ながら見れないので、契約している本人のアカウントを共有してもらうしかなさそうです。 家族で視聴履歴を別々で管理できるの? 家族利用するのであれば、父・母・兄・妹で見る動画は違ってきますよね。 それぞれ視聴履歴を別々に管理したいと思うことがあるかもしれません。 前回の続きをみたい時とか、視聴履歴から見ることは多いと思います。 その時、父・母・兄・妹の履歴が混じっていたら、邪魔ですよね。 Amazonプライムビデオでは、家族で視聴履歴を別々に管理できるのでしょうか? その答えは、 残念ながらAmazonプライムビデオでは家族で視聴履歴を別々に管理することができません。 家族で視聴履歴を別々で管理できる動画配信サービスはあるの? Amazonプライムビデオでは家族で視聴履歴を別々に管理することはできません。 もし、家族で視聴履歴を別々に管理したいのであれば、他の動画配信サービスの利用を検討しましょう。 オススメはと です。 プロフィールとは、下記の画面のように、契約者、妻、キッズのように画面をわけることができます。 プロフィールでできることは、次の通りです。

次の

Amazonプライムビデオ、家族会員は観れない?大丈夫!裏ワザ公開しちゃうよ♪

プライム ビデオ 家族

プライム家族会員になればプライムデーにも参加できる! いよいよ 「Amazonプライムデー」の開幕が間近に迫ってきました。 Amazonプライムデーは1年に1回のAmazonプライム会員のためのビッグセールで、2018年は7月16日の12時から7月17日の23時59分まで開催されます。 期間中は、お得なタイムセールや限定商品&先行販売など、プライムデーならではの見逃せないお買い得品が数多く販売されます。 プライム会員限定のプライムデーにはAmazonプライム会員でないと参加できませんが、 「Amazonプライム家族会員」の参加も可能です。 Amazonプライム家族会員は、年会費無料でAmazonプライム特典(の一部)を利用できる便利な会員制度です。 家族にAmazonプライム会員がいるという人は、この機会に家族会員になって、年に一度のプライムデーを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。 なお、Amazonプライム家族会員が利用できるプライム特典は以下のとおりです。 Amazonプライム家族会員が利用できるサービス• お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員先行タイムセール• Amazonパントリー 「プライム・フォト」や「プライム・ビデオ」「Prime Music(プライムミュージック)」などは家族会員のアカウントでは利用できません。 それでも「アマゾンは買い物が中心」という家族にとっては、年会費無料で上記のプライム特典を無制限に使える家族会員制度はメリットが多く魅力的なサービスのはず。 それでは家族会員の登録方法を見ていきましょう。 Amazonプライム家族会員の登録方法 Amazonプライム家族会員の登録は、プライム会員が家族を招待する流れで行います。 まずは[Amazonプライム会員情報]ページにアクセスして、以下の手順で相手を招待しましょう。 [Amazonプライム会員情報]ページ 1アマゾンプライム家族会員の登録をはじめる [Amazonプライム会員情報]ページで、画面の下のほうにある[プライム特典を共有する]をクリックします。 2家族に登録案内メールを送信する 情報の入力画面が表示されるので、家族会員に登録する(招待する)家族の情報(名前、続柄、メールアドレス、誕生日)を入力して[登録案内を送る]をクリックします。 これにより、家族に登録案内メールが送信されます。 以上でAmazonプライム会員(登録する側のユーザー)が行う設定は終了です。 登録案内メールを受け取った家族が、メールの指示に従って登録手続きを行えば、Amazonプライムの家族会員に登録されます。 家族会員の情報を確認する方法 招待した家族の登録が完了すると、「登録済みの家族会員」として表示されます。 close 閉じる.

次の