ハナハナ スイカ。 ハナハナ鳳凰(ホウオウ)の設定判別と設定差・機械割・期待収支を徹底攻略!

プレミアムハナハナ‐30

ハナハナ スイカ

ハナハナのリーチ目法則と一覧などについてです。 5号機のハナハナシリーズは少しずつ改良が加えられてきましたが、特にスペシャルハナハナからサンサンハナハナになったときにボーナス図柄が赤7と白7の2つになった以降はほぼ共通したリール制御になっています。 後告知の場合、当選ゲームでは光らないですが、次ゲームレバーオンで光ります。 ただしベルやリプ、チェリーならばさらに次ゲームに持ち越します。 ハナハナは次ゲームレバーオンの後告知が10%あるので、リーチ目が落ちてるのを拾える可能性もあります。 ただ分かりやすいのはそうそう落ちてないので、法則を知っておきましょう。 スイカテンパイ外れ まずは王道のスイカテンパイ外れ。 ノーマルタイプでは王道かつ定番のスイカテンパイ外れはハナハナでもボーナス確定です。 こちらはプレミアムハナハナ。 ちなみに5号機ハナハナでのスイカ小Vはシリーズ共通でビッグボーナス確定になってます。 ツインドラゴンハナハナのベルスイカダブテン外れ。 中段ベルベルスイカ、通称ベベスもBIG確定です。 グレートキングハナハナのスイカテンパイ外れ。 嬉しいアメイジング付き。 はさみベルリプ外れ 続いては中級者向け?はさみベルリプ外れです。 プレミアムハナハナでのはさみベルリプ外れ。 はさみベルリプ外れとはハサミ打ちでベルリプがテンパイしているのに中リールでどちらの小役も蹴っている目です。 この出目ではボーナス図柄一直線もあるので気付きやすいですね。 こちらもプレミアムハナハナ。 はさみベルリプ外れの場合、 ・上段ベルテンパイ右リール下段ベル ・左リール上段ベル、中右リール下段ベル の形になることが多いので、ボーナス図柄一直線がないと見逃す人も多いようです。 ドリームハナハナ。 上記の ・左リール上段ベル、中右リール下段ベル の形になっていますね。 ハイエナで拾うのを狙うなら是非覚えておきたい出目です。 ちなみにはさみベルリプ外れですが、順押しでもはさみベルリプハズレの形になっていればOKです。 (中押し、逆押し時はNG) ボーナス図柄一直線 ジャグラーシリーズでもおなじみボーナス図柄一直線。 グレートキングハナハナです。 ボーナス図柄とは赤7、白7、赤BAR、白BARのことです。 上記4つに加えハナハナの場合、中リールHANA図柄&チェリーも一直線図柄に加えられます(一部例外あり) ツインドラゴンハナハナ。 一直線に加え、左リール下段バー図柄からの右リールバチェナもボーナス確定です。 ハナハナは複数の法則が同時に出ることも多いですね。 中リールHANA図柄がらみのボーナス一直線。 右リール下段7 続いては右リール下段7がらみ。 いわゆるゲチェナですね。 ゲチェナとは「右リール下段チェリー付きの7」のことです。 プレミアムハナハナ。 4号機の頃、ゲチェナはボーナス確定の台が多かった名残から来ています。 ハナハナの場合、小役を否定してゲチェナならボーナス確定です。 白7はチェリーは付いていませんが、ハナハナにおいては白7下段も赤7下段と似た扱いなので右リール下段に白7(小役否定)でボーナス確定になります。 右リール下段7自体はチェリーやスイカのこぼし目で出ることもあるのでその点のみ注意です。 ちゃんと目押ししていれば左リール下段バー図柄からの右リール下段7で確定目です。 ・左リール下段BARからの右リール下段白7 ・ボーナス図柄一直線 ・中リール強力図柄(HANAはさみ小役)外れ 3つのリーチ目法則が一度に出てきた珍しい出目です。 中リール強力図柄外れ 中リール強力図柄外れです。 強力図柄とはHANAに挟まれたベルとリプの事です。 グレートキングハナハナ。 当然小役否定でボーナスです。 中リール枠上上段にスイカがあるのがまたニクい、良い出目です。 ドリームハナハナ。 ちなみにベル小Vの形で、右リールバチェナの上のベル以外ならボーナス確定っぽいかも。 確信がないので違ったらコメント欄で指摘お願いします。 ツインドラゴンハナハナ。 左リールスイカがすべってきたのに中リールにドーンとHANAはさみ図柄が止まれば2確目です。 ツインドラゴンハナハナ。 リプレイ小山も多分リーチ目だと思います。 プレミアムハナハナ。 ボーナス図柄一直線も同時に出ていますね。 ハナハナのリーチ目は法則は細かいところだとまだありますが、このあたりの法則を覚えておけば基本的には大丈夫でしょう。 小役重複、チェリー重複については長くなりそうなのでまた別記事で書いていこうと思います。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 投稿ナビゲーション.

次の

意外と知らない!?ハナハナは通常時スイカ・チェリー取りこぼしで機械割がかなり下がる件

ハナハナ スイカ

左リール上段にBARを狙う• 枠内スイカ停止時は、中&右リールはスイカを狙う 参考 通常時はDDT打法でスイカを取りこぼさない様に注意しましょう! 1ヶ月間、毎日朝から晩まで親父打ちすると、30万円近いコインロスが発生します。 22 通常時ベル確率による設定看破は正直厳しいです。 ベルはカウントしなくても大丈夫です。 8 BIGボーナス中のスイカ確率はかなり重要な要素ですね。 低設定を回避する為の設定判別ポイントです。 とは言っても、ある程度腰を据えて回さないとこの辺の確率は荒れますから、その点は悩ましい所ですね! REG中のサイドランプ判別• 青 設定1,3,5• 黄 設定2,4,6• 緑 設定1,3,5• 赤 設定2,4,6• 虹 高設定示唆 REG中のサイドランプにも色演出がありますので、設定判別の重要なポイントです。 ホールでは偶数設定がよく使われていて、誤爆も多いので設定4を設定6と勘違いする打ち手も少なくありません。 奇数設定を示唆する青、緑が頻繁に出る時は設定1、3を疑いましょう!設定5が入っている可能性は強イベ日以外、多くないはずです。 この色演出は次項で解説する龍玉とややこしくなってしまうんですが、しっかり頭に叩き込んでおきカウントしながら打ちたいですね! 龍玉色での設定判別 ツインドラゴンハナハナでは、サイドランプフラッシュの色演出による設定示唆以外にも、 台上部の「龍玉」で設定判別のポイントがあります。 BIG・REGごとに演出が異なるので、しっかり網羅しておきましょう! BIGボーナス• 青 設定3以上確定• 黄 設定3以上確定• 緑 設定5以上確定• 赤 設定5以上確定• 遠目からもチェック出来る看破要素なので、ハイエナ狙いの台がREGを引いている時にはつい凝視してしまいます(笑) 他の人のが打つ台の状況も確認しながら立ち回りたいですね。 レトロサウンドによる設定判別 設定 発生率 1 6. 正直、レトロサウンドは設定1でも6%の確率で発生するので、期待し過ぎるのは禁物。 他の色演出やスイカ確率と絡めて、トータルで押し引きを計りたいですね。 ボーナス告知割合• 停止時にリールがバウンド• 双龍フリーズ演出• プレミアム点滅演出• テンパイ時や小役成立時にサウンド変化• 虹色フラッシュ・バックライトフラッシュなど• MAXBETボタンが緑色に変化 プレミア演出にも設定差はありませんので、発生しても無駄なヒキ強という事になります(笑) まとめ 看破すべきポイントとしては、従来通りの サイドランプフラッシュとスイカ、REG、龍玉の4点ですね! 特にツインドラゴンハナハナでは色演出が重要になっているので、 自分以外の台も盗み見ておく事で高設定台のハイエナがしやすくなったと言えます。 導入日に設定6と思しき台を掴んだ事がありましたが、その時の出玉は5000枚を超えました。 解析が出る前だったので、看破しながら打てませんでしたが(笑) それ以降、勝てている台は設定4ばかりですね。 ホールも怖くて設定5、6は中々投入出来ないのでしょう。

次の

設定判別/立ち回りポイント:プレミアムハナハナ

ハナハナ スイカ

目次 []• 実戦のお話 今回は、マイホームでハナハナ鳳凰を打ってきた実践記です。 この日は、マイホームに強い示唆がある日でした。 お客さんの数もそこそこで、高設定が入る可能性が高いマイホームのイベント日。 第一候補はハナハナ鳳凰です。 何台か台をピックアップし、保険でその他の台の狙い台も絞って翌日を迎えます。 サイトセブンとはサイトセブンはお店のデータが見れるWEBサイトです。 サイトセブンに登録すれば、スマホでお店のデータを見ることができるようになります。 どこにいてもスマホからお店の状況がチェックできるので、複数店舗の状況チェック、遠方のお店の状況チェックなど、データ取りでお店に行く手間を省くことができるようになります。 サイトセブンは効率よく立ち回るためにとても便利なツールです。 実践当日 いつものように開店5分前にお店へ到着し、程よく並んだ列の最後尾から入場します。 一目散にお目当てのハナハナ鳳凰のシマへ向かい、無事に狙い台の1台をキープすることができました。 さて実践です。 投資3,000円使ったところでこの台をヤメ。 やめた理由ですが、よくよく見てみるとこの台の設定は上がりそうにないと思ったからです。 というのは、前日の狙い台を絞る際にちょっとしたデータの入力ミスがあったのです…。 次に選んだ台は、ハナハナ鳳凰の狙い台その2です。 こちらの台はデータの入力ミスもなく、設定が上がっていてもいい台でした。 頼みます… 投資2,000円でBIGを引くことができました。 BIG中のスイカは0で、パネフラもありませんでした。 その後、間髪入れずにREGを引き、サイドランプは右黄色が出現しました。 なかなか幸先の良い立ち上がです。 ですが、最初のBIG終了後にパネフラが出現しなかったことがかなりの不安材料です。 これが出現しないとなると、自分の中では粘る理由がかなり低くなってしまいます…。 まだまだ全然わからないところではありますが、ここは英断です。 次に選んだのは、またまたハナハナ鳳凰です。 2台目のハナハナ鳳凰がダメだったらこれだろうなと思っていた台です。 というか、これしかないと思っていた台です。 コインを3枚投入し、レバーオン! 当たらず…当たり前ですが。 これでひとまず粘る理由ができたとほっとしたのもつかの間、次に当たったボーナスは5GでBIG! しかもこのBIG中にはまたまたスイカが2回出現し、かなりの偏りをかましています。 6と破格の数値です。 ボーナスはともかく、ここまでのスイカの偏りはなかなかひさしぶりです。 これはつかんだかな~なんて淡い期待を抱きつつ、次のボーナスが当たるまでペシペシ打っていくと… 514Gハマりました! しかし、このBIGでもスイカが3回出現しました。 これは何かがおかしい…そんなことを思いつつ迎えた4回目のBIGでは、 スイカ0回。 まっ、そうですよね…。 ここからREGを3回連続で引き、サイドランプは右・左・右が点滅しました。 そして、BIG間600Gオーバーで迎えた5回目のBIGではまたまたスイカが1回出現します。 6回目・7回目のBIGでもスイカがそれぞれ1回ずつ出現し、ボーナスこそ当たらないものの、いよいよもってこの台のスイカの出現率の偏りは無視できないレベルになってきました。 しかし、ただ今の通常時のベル確率は微妙です。 なんだかよくわからないなと思いつつペシペシ打ち続けていくと、気づけばBIGが20回オーバーになっており、スイカ出現回数もBIG回数と同じ20回。 ボーナス合算確率も上がり、ある程度の出玉も確保、チェリー重複ハナハナ目も出現したことで、高設定を確信します。 後はこの台が設定5なのか、設定6なのかということですが、今まで完全に右寄りだったサイドランプはどんどん1:1に近づいていきます。 ありがたや、ありがたや~。 と、設定6を確信しつつ閉店まで打ち切った結果、ジェットカウンターに流したコインは、 3714枚 閉店間際にハマりを食らってコインを減らしましたが、程よく満足の勝利となりました。 07) 収支 66,000円 スロマガ設定判別 設定1 0. 個人的にも設定6だったんだろうと思っています。 REG後の上部のみのパネフラが出現しているので、設定3以上は確定しました。 欲を言えばもう少しボーナスが当たってくれたら良かったなという感じでした。 本日の実践の振り返り この日は狙い台の絞りミスから始まりましたが、最終的には何とか高設定の台を打ち切ることができた一日でした。 打ち始めは、設定変更の示唆がある台を探して移動を繰り返しました。 辿り着いた設定変更示唆のあったハナハナ鳳凰は、結果的には高設定だったであろうも、序盤は全くボーナスが引けず、何度も心が折れかけそうになっていました。 それでも、スイカ出現率の偏りを心の支えにしながら、コインが飲まれるまではと打ち続けた結果が良い方に進んでくれました。 今までの経験で、BIG終了後のパネフラが4回連続で出た台をやめた結果、かなりの勢いでカマを掘られたことがありました。 今回のハナハナ鳳凰も、BIG中のスイカ出現率がかなりの勢いで偏りました。 結果的には、どちらの台も高設定らしき挙動を示しました。 そんな経験を経て思うのは、何かの数値が極端に偏った場合、少し様子を見たほうがいいのかなと。 その偏りがたまたまということも往々にしてあるとは思いますが、数値が偏るということは何かがあるかもしれないということなのかもしれません。 この仮説は、まだまだ検証途中ではありますが、そんなことを思った今回の実践でした。

次の